のびた宍道断層のお話し

href=”http://n.jcpdan.com/wp-content/uploads/2016/02/IMG_7627.jpg”>IMG_7627 IMG_7629松江市まで立石先生の講演を聞いてきました。

中国電力がかつてないと主張していた宍道断層が8キロ➡16キロ➡22キロそして今度は25キロと原子力規制庁に申請し、承諾 を得たというものだ。

imageドラえもんの歌じゃあるまいし、♪ 8キロ、10キロ、50キロ、ひと休み〜、ひと休み、空から降りたら犬がいた♪ なんて活断層が伸びるわけないんです。今回西へ3キロ延びましたが、東へ3キロ延びなかったこともミソです。東の鳥取沖西断層と東断層とは、わずか19キロしかはなれておらず、連動しているという見方が強いのです。

浅いところの断層調査でなく、深いところの調査でないとわからない、10億円かかるんだそうですが、これまで4000億円原発にかけているらしいので、わけない調査費ですが、やりたくないんですね。

基準地震動の変更で計画のやり直しの変更がない程度の延伸です。これも規制庁、中電のあ・うんの呼吸でしょうか?

Be the first to comment on "のびた宍道断層のお話し"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*