またまた・・の出来事

今日は5日にある臨時議会の議会運営委員会がありました。

この臨時議会は安倍政権の1億総活躍社会を加速度的に実現するため、国が1000億円の交付金を用意して、観光や福祉など先駆的に取り組むことを求められて、TPP対応や地方創生といいながら、結局、国のメニューに従って、県職員は目を血眼にして残業して作り上げた予算を審議する議会です。

まぁそもそも120億円を超える予算を1日で決めてしまうという日程も腹立たしいです。いいたいことは山ほどありますが(いいますが)、この臨時議会はこれまで質疑をする時間が一人15分認められていて、交渉会派から一人づつ、少数会派からは二人と決まっていて、少数会派で質疑をする人が他にいなければ私たち共産党二人が質疑に立っていました。

ところが、今朝の議運で、交渉会派との均衡を欠くので、少数会派から同じ会派からは一人だけということに、決められてしまいました。まぁ共産党にやらせたくないのが満々でしたが。

だいたい質疑をしないというのもおかしいじゃありませんか。120億もの予算ですよ。

今日朝予算書が出されて、臨時議会の補正予算の説明は3時前に終わりましたが、それから通常の2月補正予算、新年度予算の説明を残りの時間と、あすの終日説明を受けるのに、もう明朝9時までに質疑の通告をしなければなりません。

ほんとひどい話です。だから議会で遅くまで残って検討、一応通告の準備をして、ホテルに帰ってから中身の準備をします。

なんがかなぁ〜。。。です。

Be the first to comment on "またまた・・の出来事"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*