常任委員会資料

IMG_6380 議会のない月は21日に4つの常任委員会が開催されます。なかなか担当外の常任委員会の資料に目を通せないのですが、総務教育常任員会ではばっちり26年度の「教育行政の点検と評価」、だれがこの膨大な資料を読みこなせるのか・・と思い少し読んであきらめました。鳥取養護学校の医療ケア体制整備、そして27年度国の地方交付税の交付額の決定(実質的な普通交付額は前年比▲24億円)や、26年度一般会計決算(歳入は対前年比▼28億円、歳出は+1億円)。これから審査が始まる。

気になったのは、これまでは誘致といえば企業誘致とか観光客とかだったが、これからは人の誘致なんだ・・・と改めて思ったのが鳥取県版CCRC。

CCRCとはContinuing Care Retirement Community(継続介護付きリタイアメント・コミュニティ)のことで、主にアメリカで発達 した高齢者居住コミュニティのことだ。

IMG_6381日本では「まち・ひと・しごと創生総合戦略」に基づくもので政府主導で進めようとしいるが、うさんくさい。元気でスキルもあり、それなりに資産のある人に地方に移住してもらいそこで技術を提供するかわりに住まいなど住環境の提供やコミュニティをつくり、そこで介護が必要となれば受けられる・・・。なんかおかしくないか。都会では介護施設が足らないから高齢者は地方へ行ってくださいっていうようなものだけど、地方は姥捨て山じゃない。そして高齢者だって住み慣れた土地がいいに決まっている。高齢者のなかには地方に住みたい人もいるだろうけど、この計画では『誘致したい人材』だって。はぁ〜?

今住んでる県民を大事にしてほしいよ。介護施設も足らないのに、優先されるわけ?

などと思いながら資料を読んでみた。

Be the first to comment on "常任委員会資料"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*